国鉄が好きな撮り鉄オヤジの活動記録

待ってました、153系!!

おばんどす

昭和の国鉄再現計画(そんなプロジェクト名あったっけ?)の当初から、
リストにあった153系が、遂にKATOから発売に!

当社では、高運転台の基本セットとクハ低運転台の単品、
サハの単品を導入し、9両編成を組む予定をしております。

列車名は、「鷲羽」。 まだカメラ慣れしていない中学生の時に廃止となり、
早朝出発の列車でもあったため、ろくな写真がありませんが、ずっとこの湘南色を待ってました。

ブルーライナーは、早々と入手出来たんですけどもね。

入線した曉には、実際には見たことはありませんが、ヘッドマークを掲げてやろうと思います。

そしてそして、以前購入したTOMIXのブルトレで、
テールライトが電球だった車両を、LEDに変更しました。
電球だと、トレインマークがすべて赤っぽくなり、元の色が分からなくなるほどでした。

ここから、ビフォーアフターで紹介していきましょう。

まずは、「あかつき」。左が電球色で、右が白色LED。
 

続いて、「彗星」。ここでは、カニ24を。
 

そして最後に、「日本海」オハネフ25を。
 

トレインマークに赤い部分の多い「あかつき」以外は、違いが歴然。
「日本海」「彗星」ともに、ブルーが鮮やかです。
これでTOMIXのブルトレは、すべて白色LEDとなりました。

今度は、KATO車両をやりたいですな。

そうそう、それと「日本海」に関してですが、今度TOMIXから0番台が出ますね~。
中間車は検討中ですが、オハネフだけは導入しようと考えております。

というのも、「日本海」「つるぎ」は、私の中では0番台の印象が強いんですよね。
撮影は早朝行く事がほとんどでしたので、九州ブルトレは電源車側(西側)、
北陸・東京ブルトレはその反対側(東側)を撮影しておりました。
今と編成の向きが逆でしたから・・・
なので、オハネフ0番台の顔が強烈に印象づいてます。
そもそもペッタンコ顔の100番台よりも、0番台の方が好きなんでね・・・

ですから、こちらも待ち焦がれていた物の一つです。

ということで、本日のお題は、「待ってました、153系&24系25形0番台!!」
という事ですね。

ではまた・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中