国鉄が好きな撮り鉄オヤジの活動記録

決算発表!?

 久しぶりに連投なんぞしてみました。^^

今日は、時期的にもちょうどよいタイミングとなったので、
当鉄道会社の決算と題して車両の総数なんぞを出してみました。

HP内の車両紹介を完成させるべく作業を進めているうちに、一体何両になったんやろう・・・?という疑問がわいてきました。その面倒くささに、やるならその気になった今しかないと思い一気に作業を済ませました。

総数を出すために、内訳を大雑把な分類で作成してみました。

<新幹線>
500系 8両×2編成=16両
N700系 8両
700系 8両
0系 8両
923形 7両

合計 47両

<機関車>
EF58 5機
EF65-500 1機
EF65-1000 4機
EF81 2機
DD51 4機
DE10 1機

合計 17機

<電車>
583系 8両×3編成=24両
485系 8両×3編成=24両
381系 7両
475系 12両
165系 7両
117系 6両×2編成=12両
153系 6両
113系 8両+6両=14両
103系 7両+8両=15両
101系 6両

合計 127両

<客車>
20系 12両×2編成+3両=27両
24系25形 9両+7両+7両+8両=31両
24系24形 12両
14系15形 7両
14系(座席車) 8両+8両=16両
35系 6両+4両=10両
10系 5両
12系 7両+6両=13両
オシ24 1両
カニ24-0 2両
カニ24-100 4両

合計 128両

<気動車>
82系 8両
181系 9両
58系 8両
47系 4両

合計 29両

<貨車>
郵便車 1両+2両
荷物車 5両

合計 8両

総合計 309両

・・・と、このようになりました。

最近の24系25形大増備で、客車部門が電車部門を追い抜いたようです。

決算と題しましたが、恐ろしいので額面はやめておきます^^;
Nゲージを始めたのが2008年の4月ですから、かなりハイペース?

私の場合、始めた時からターゲットが決まっておりましたので、大きく横道それたのは2回だけでした。
その2回は、117系の福知山線色とTOMIXの商法に流された「さよなら銀河セット」です。

これ以外では、仕方なく自分の時代設定にそぐわないJR仕様で妥協したのが485系と14系15形で、車体にJRのロゴが入っています。あとは、当時の関西ブルトレには縁のなかったロビーカーやら食堂車があったりいろいろ細かい事はありますが、雰囲気で楽しめればよいのかと思ってます。
当時、見たくても見れなかったブルトレのヘッドマークを再現したりできるのも、模型ならではの楽しみですからね。

欲しい車両については、”特急 はまかぜ 落成”で述べました通りで、それほどでもないのですが登場時の「サロンカーなにわ」(金帯の方ですね)もあってもいいかな?・・・と思うようになってます^^;
そして、101系のオレンジが大阪環状線桜島線にいましたし、そして、201系のスカイブルーもギリギリ登場してましたので揃えてもおかしくありませんね^^;
こんな風に考えてると、ほんまにキリがありませんわ(大汗

模型の楽しみ方は人それぞれかと思います。
私の場合、これらすべてを一望できる環境を目指しております。

そうです、全車両を自室に展示しておきたいのです。

もちろん走ってナンボの鉄道模型ですから、運転も楽しみですが、コレクションの要素も強いので飾って眺めてニヤケていたいのです^^;
せっかくのコレクションを箱の中に眠らせておくのがもったいない。

日焼けや埃などで劣化するのも嫌ですが、いつでも見ていたいのです。

では、どのように展示するのかと言いますと、2代目レイアウトの製作目的はこれにあったのですが、3000x1260のレイアウトスペース以外に、新たに買収したヤードの専用用地2600x450を用いるというものです。

これが、初代レイアウトの最終形です。
ある段階までは、この状態で全車両が各ヤードに収まっていました。
そして欲しい車両がほぼ切れ目ない間隔でリリースされるので、みるみる増えていき収まらなくなりました。
そうなると、もう増床しか方法はありません。

こういったお座敷レイアウトでも、計画を練ったり作っていく楽しみの方が大きいのかもしれません。
一度満足してしまうと、次の欲求がわいてきました。
もちろん車両が飽和状態になった事が、改修工事着工への引き金にはなりました。
鉄道模型というものは、完成という目標に向かって作業をしている時が、最も楽しいのかもしれませんね。

今回新設するヤードは2層式になる計画です。
2代目レイアウトの概要は、過去記事”久しぶりに”N”な話題”をご参照ください。
今度、ヤードの図面でも引いてみますかね^^

P.S.
今日の挿絵は記事との関連のないものが含まれております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中